11月の新メニュー・おすすめメニュー

―肉豆腐―

すずらん  (11月 5日 夕食)

すずらんのおすすめメニュー1品目は、「肉豆腐」です。
肉豆腐に使用している豆腐などの大豆製品は、良質なたんぱく質が豊富です。肉や魚と同じく、主菜としての役割も担うことのできる食品です。肉豆腐は、何と言っても肉のうま味を吸った豆腐のやさしい味わいが魅力。これからの時期に、体が温まる一品としておすすめです。

 

―ビーフストロガノフ―

すみれA・B  (11月 9日 昼食)

すみれのおすすめメニュー1品目は、「ビーフストロガノフ」です。
ビーフストロガノフは、ロシア料理の一つです。16世紀にロシアの貴族ストロガノフ家で誕生したという説が有名で、歯がなくなった方でも食べやすいように、牛肉を柔らかく煮込んで作られた料理が起源とされています。ロシアの家庭では鶏肉や豚肉を使用してアレンジすることもあるそうです。肉のうま味が存分に味わえる一品ですので、ぜひご賞味ください。

 

―肉豆腐―

れんげA・B  (11月 3日 昼食)

れんげのおすすめメニュー1品目は、「肉豆腐」です。
肉豆腐に使用されている牛肉には、ビタミンB群が豊富に含まれていて、美容に良いとされています。さらに牛肉の鉄分は効率よく吸収することができるので、貧血や冷え症の予防に効果的です。また、豆腐には、骨のもとになるカルシウムや抗酸化作用のあるビタミンEが含まれています。このように、肉豆腐は健康のために必要な多くの栄養を摂ることができますので、ぜひ召し上がってみてくださいね。

 

―味噌風味おでん―

ひまわり・すずらん・すみれ・れんげ  (11月 22日 昼食)

ひまわり・すずらん・すみれ・れんげのおすすめメニュー2品目は、「味噌風味おでん」です。
冬が近づくにつれて食べたくなるおでんは、地域によってだしや味付け、種(具)が様々異なります。例えば、北海道・東北地方では種に地場産物の山菜や海産を入れ、昆布だしで煮込み、味噌だれ等をつけて食べるのが特徴的ですが、中部地方の名古屋では、元からだしに味噌を加えてあり、そこで種を煮込んで食べられているそうです。このように、おでんには各地域・都道府県によって様々な味付けや食べ方がありますので、興味のある方はぜひ調べてみてください。
けんたくん御膳では、だしと八丁味噌で煮込み、味付けしています。食べ慣れていない方でも、いつもとは違った味を楽しめる一品となっておりますので、ぜひお召し上がりください。

11月の新食材

新食材はありません。